(保護原産地呼称ワイン)

葡萄の全栽培面積は115,686 ヘクタール、そのうち 64% が白葡萄の栽培にあてられ、710 の企業が年間2億本のワインを瓶詰めにしており、DOCGワイン(統制保証原産地呼称ワイン)が 1 つ、DOP ワイン(原産地名称保護制度)が 22。これらがワイン産業の地、シチリア島におけるデータです。これらは驚異的な数字で、ワイン作業において、シチリアを除外することはできないことを示しており、そしてまた、シチリア産のワインの高い品質をあらわしてもいます。

22のDOPワインはシチリア全島にわたり、さまざまな標高で栽培され、ワイン生産における世界のニッチ部分を代表しています。DOCGのCerasuolo di Vittoria(チェラスオロ・ディ・ヴィットリア)にDOPのマルサラ、これは初のDOCとして認証されたものですが、これらはワインのシチリアが最も誇りとするものです。特にXwineが世界に広めようとしているのは、マルサラ、デリア・ニヴォレッリ、モスカート・ディ・シラクーザ、パンテッレリーアおよびモスカート・ディ・パンテッレリーアの4つのワインです。

これらはその他の高品質ブランドのシチリア産IGPワインと共に、テイスティングやXwineのスタッフにより行われるセミナーを通じて紹介され、多岐にわたるシチリアのブドウ栽培について説明が行われます。スタッフのこの情熱もまた、ワインのシチリアが誇るもうひとつの高いクオリティの要素でもあります。